◇◆◇6月の競作◇◆

感想は掲 示板にどうぞ。

















東濃誠
耳の底星が流れるほどの声
向日葵の迷路に小さな靴の国



東濃万利子
鴨の雛早し短き水脈引いて
カーテンの隙蝶墜ちてゆく真昼



鳥山由貴子
二十日鼠つぎつぎに春愁の迷路
ゴールデンウィーク木馬を漕ぐ男



中内火星
後ろから不意に来ている初夏
35トンを背負って蟻でいる



矢羽野智津子

左耳生きてゐるなり夏ひばり
押入れに隠るる水着縮まりぬ



吉田悦花
遠花火ミッキーマウスのまるき耳
若竹や衛星写真の一軒家



岡田由季
春昼の岸へぬらりとヌートリア
深追ひはせずに目高と目高かな



佐々木紺
どんどんひらく新緑をタクシーで
刺青の透くるまで濡れ緑雨かな



しまいちろう
魚屋の二階の法事夏の雲
折り紙の船の帆つかみ夏座敷



田中信克

さえずりそっと口述筆記しています
憲法改正鯉のぼり口あけたまま




● トップページに戻る●


inserted by FC2 system